ホーム > ☆作業事例 〜スタッフ日記〜☆ > 遺品整理が東京23区に集中しているわけ

遺品整理が東京23区に集中しているわけ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月16日

こんにちは!きずな屋です!

朝晩急にひんやりしだして、いよいよ冬の始まりかな・・・という気候になって

きました。日中の気温との寒暖差が激しいようなので皆様も体調管理には気を付けてください。

余談ですが私も今日は休憩時間を利用し、インフルエンザの予防接種です!!!

今年はワクチンが足りないそうなので、早めの接種をおすすめします。

こんな体調管理をしづらい季節には、遺品整理のお問い合わせも増えてくるんです。

ちょうど今日もインターネットニュースに記事が掲載されていましたが

「孤独死」について掲載がありました。

孤独死からの遺品整理の依頼が多いのはダントツ23区だそうです。

23区の一人暮らしのお年寄りの方の孤独死が全国の3分の1を占めているそうです。

確かに、私たちの元にきているお問合せを思い起こすと、孤独死からの遺品整理の

お問い合わせは23区の方が多いなと感じます。

例えば、ご依頼場所が23区の現場で、ご依頼主が遠方のご遺族や不動産管理会社の

方からのパターンです。

このようなご依頼が多いのはわかっていましたが、全国の3分の1を占めているという

データがあるとは・・・。

夏の熱中症からの孤独死の現場も多かったですが、この季節も体調を壊しやすい季節。

少しずつ、そういったお問い合わせが増えておりますので、

生前整理の見直しなど、ご検討をぜひ!

 

 

ページの先頭へ戻る