ホーム > ☆作業事例 〜スタッフ日記〜☆ > 遺品整理と不用品回収の違い☆

遺品整理と不用品回収の違い☆

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月16日

こんにちは!きずな屋です。

ここのところ寒い日が続いておりますが現場スタッフは元気に出動しております。

さてさて、今日は遺品整理と不用品回収の違いについて書いてみようと思います。

その違いを簡単に表すと、

相続や形見を分けるなど、遺品に特化した対応ができるかできないか?

だと考えます。

遺品整理の場合、お見積りや現場スタッフが区別するところは

「故人が大切にしていたもの・捨てられないもの」

「不用品」

「買取可能なもの」

の3つに分類します。

しかし、不用品回収にあてはめると、

「故人が大切にしていたもの・捨てられないもの」という分けかたはしません。

そのため「不用品」としてすべてを扱うため、作業内容や工程などが大きく変わります。

不用品回収の場合、「不用品」の扱いになるのである程度まとめて回収し、分類せずに作業をこなします。

これは、不用品回収という業務において、通常の作業といえます。

遺品整理については、これらの品物全てに対して「特別」に配慮して整理しながら

作業にあたります。

また、遺品整理の特融な事として、荷物のなかから遺族も把握していない貴重品が

見つかるケースも存在します。

不用品回収では見落として捨ててしまいかねないケースも、遺品整理ではそういった

事態を想定して作業が行われるため、間違って捨ててしまうなどのことはありません。

このように、遺品の整理においては特有な問題が多いため、遺品整理を専門に

行える業者に依頼することが一番望ましいですね☆

きずな屋は、こういった作業にきちんと対応できるように、遺品整理士をもつ

スタッフを同行させております。

不用品回収も遺品整理、生前整理も全て対応可能なきずな屋におまかせください☆

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る