遺品整理の「ネコババ問題」対策方法をアドバイス*

更新:2024年7月4日

遺品整理のトラブルで最近耳にするようになったことの1つに遺品のネコババがあります。

遺品整理の際に「ネコババ問題」が発生すると、家族間の信頼関係が揺らぎ、大きなトラブルとなることも。。

そこで、遺品整理の専門業者「きずな屋」の担当者が、ネコババを防ぐための具体的な対策方法をアドバイスいたします。

遺品整理をスムーズかつ安心して進めるために、事前の準備や外部の専門業者に依頼する場合の業者の選び方、

注意すべきポイントなどを今日は考えてみたいと思います。

お客様の遺品整理がスムーズに進むようしっかりとした準備と対策をしていきましょう。

 
遺品整理の「ネコババ問題」
 

無料相談、無料見積もり
遺品整理のお問い合わせフォームはこちら

1.遺品とネコババ問題

遺品のねこばばが起きる理由には、いくつかの要因があります。

まず、遺品の価値や所有権が明確でない場合、家族や関係者の間で誤解が生じることがあります。

また、遺品整理中に現金や貴重品が見つかると、その扱いが難しくなることがあります。

さらに、遺品整理を担当する業者や第三者の中には、つい不正行為に走ってしまう人もいます。

 

1-1 任せっきりにしてしまう

遺品整理は精神的に負担が大きく、故人を思い出すことで感情的になるため、避けたいと考える人が多いです。

また、遺品の量が多く、自分で整理する時間や労力が確保できない場合もあります。

さらに、専門的な知識や技術が必要な場合もあることも理由の一つです。

 

1-2 業者の選定がむずかしい

遺品整理の業者が数多く存在するようになり、どの業者が信頼できるのかを見極めるのは非常に難しいです。

また、遺品整理は個人的でデリケートな作業であり、故人の思い出を大切に扱ってくれるかどうかも重要です。

広告やホームページなどで調べることが必要ですが、それだけでは全ての情報を把握できません。

さらに、料金やサービス内容も業者によって異なり、比較するのにもとても苦労します。

 
遺品整理のネコババ対策
 

2.遺品整理のネコババ対策

遺品整理のネコババ対策ですが、いくつかのポイントを絞って考えてみましょう。

外部に依頼する場合は信頼できる業者を選ぶために、口コミやレビューを確認し、複数の業者から見積もりを取ったり。

遺品整理の作業に家族や親族が立ち会うことで、物品の管理を徹底したり、事前の準備と対策をしてネコババを防止しましょう。

 

2-1 遺品整理の業者選び

見積もりを明確にし、実績を確認し、口コミや評判をチェックすることが大切です。

見積もりは後での追加料金を避けるために役立ちますし、業者の実績や評判は信頼性を評価するのに役立ちます。

 

2-2 貴重品の事前整理

現金、通帳、貴金属などの貴重品は遺品整理業者が来る前に自分たちで保管することが重要です。

これらの物品は一時的に無防備になると、不正行為のリスクが高まるからです。

家族や親族が物品を確認し、必要に応じて特定の場所に保管することで、安全性を確保できます。

業者には事前に貴重品の存在を伝え、それらを扱う際の取り決めを明確にすることも大切です。

これにより、信頼できる遺品整理業者との良好な関係を築きながら、大切な財産を守ることができます。

 

2-3 遺品リストの作成

整理する遺品のリストを作成しましょう。

リストは、家族や親族と共有し、思い出の品や重要な物品が適切に整理されるために大事なものです。

業者にとってもリストがあれば、作業の効率が上がり、誤解やミスを防ぐことができます。

 

2-4 事前に記録

作業前に遺品の状態を写真や動画で記録することをおすすめです。

これにより、後で遺品がどのように整理されたかを確認でき、安心感が増します。

写真や動画は、家族や親族と共有し、遺品の思い出を残す手助けにもなります。

また、遺品整理業者とのコミュニケーションにおいても役立ち、誤解やトラブルを未然に防ぐことができます。

遺品整理は感情的にも負担が大きい作業ですが、このような対策を講じることで、安心して進めることができます。

 

2-5 立ち会い

可能な限り遺品整理の作業中は立ち会い、遺品整理業者の整理作業を見ていただくことも重要です。

完全に任せきりにはせず、家族や親族は大切な思い出や貴重な物品が適切に扱われることを確認できます。

また、作業中に何か問題があれば、すぐに対応できるため、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

3.ネコババされてしまったら

 

3-1 警察への通報

ねこばばされた物品や金銭が高価な場合、警察に通報することを検討しましょう。

警察には被害届を提出し、捜査を依頼することができます。この際、警察からは適切なアドバイスや法的な支援を受けることが可能です。

警察の捜査によって、事件の真相が明らかになり、適切な対処ができる場合があります。

 

3-2 証拠を集める

ねこばばされた物品や金銭のリストを作成し、目撃者や関係者からの証言を集めることも大切です。

防犯カメラの映像や写真など、可能な限り証拠を集めることも忘れてはいけません。

これらの証拠は、事件の経緯を正確に把握し、対応を検討する上で重要な役割を果たすことも。

警察の捜査に影響が出ないようにしつつも、記憶が曖昧になってしまう前に記録できることは残しておきましょう。

 

3-3 弁護士に相談する

必要に応じて弁護士を通じて法的手続きを進めることも考慮しましょう。

弁護士は法律手続きの専門家であり、訴訟や示談交渉などを代行してくれることで、事件解決のための道筋を示してくれます。

ただし、法的手続きは時間と労力を必要とするため、慎重に進めることが肝要です。

家族や関係者とも連携を取りながら、最善の選択肢を見極めることが大切です。

 

>>【参考コラム】

 

4.まとめ

遺品整理は大切な故人の思い出を整理する作業ですが、ねこばばのリスクもあります。

信頼できる業者を選ぶことや、家族とのコミュニケーションを通じて協力し合うことが大切です。

遺品整理の際には、物品のリスト作成や貴重品の保管、業者との確認をしっかりと行いましょう。

事前準備から遺品整理中のうっかりなど様々な落とし穴に備えて遺品整理をすすめていきましょう。

専門家のきずな屋では、無料見積もりをはじめ、様々な方法でお客様の遺品整理をサポートしています。

遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷問題など、どんな状況でも丁寧に対応いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

親身になってお手伝いさせていただきますので、ご相談やご連絡をお待ちしております。

お客様一人ひとりの状況に合わせて、最適なアドバイスとサポートをベテランスタッフが提供いたします。どうぞ安心してご相談ください。

 

LINE見積り

 

========================================

#遺品整理 #遺品 #料金相場 #選び方 #料金 #金額 #ごみ屋敷 #不用品回収

ページの先頭へ戻る

ホーム > ☆作業事例 〜スタッフ日記〜☆ > 遺品整理の「ネコババ問題」対策方法をアドバイス*