ホーム > ☆作業事例 〜スタッフ日記〜☆ > 遺品整理や終活とよばれるもの~コラム~

遺品整理や終活とよばれるもの~コラム~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年8月16日

こんにちは!きずな屋です。

猛暑な暑さが和らいで、やや過ごしやすく感じます。

きずな屋の現場スタッフも猛暑の中の作業をこなしていた経験から

このくらいの暑さだと快適のようです。

全国的に不安定なお天気が続きます。台風やゲリラ豪雨・・・

突然のゲリラ豪雨はきずな屋も困る課題の一つで、大切な遺品を運ぶ際に

突然の大雨に見舞われると困ってしまいます。

先日、TVで「終活」について特集されておりました。

メディアなどで持ち出される話題は

・美しく遺影を撮影

・自分のはいる棺桶を選べる

・葬儀のスタイルを自分の好みで決められる

など、ビジュアル重視な特集ばかりでした。

もちろん、そんな終活も大切だと思いますが、

現実の問題である、遺品整理や生前整理などにも目を向けてもらいたいなと

いうところです。

遺品整理といっても、物を整理するだけではなく、この時代にあった

データなどのデジタル遺品や銀行・証券・なども、ご自身で管理されないと

あとあとご家族が困る要因の一つです。

お盆の時期は過ぎましたが、ご家族で集まるこの時期を利用してご家族で

こんな話題を出されるのもいいかもしれないですね。

きずな屋でも、多くの皆様にこういったビジュアル的な終活ではなく、

現実の問題の終活をしってもらえるような活動も始めたいなと考えております。

まだまだ暑い日が続きますが、熱中症対策には気をつけてお過ごしください!

ページの先頭へ戻る