【プロが教える遺品整理コラム】遺品整理を業者に依頼するメリットと優良な業者の選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月20日

はじめに

 

 

身内を亡くした後、遺された親族は遺品整理をしなければなりません。しかし、初めてのことで何から手をつけたら良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?そんな時に頼れる存在が、遺品整理業者です。
本記事では遺品整理を業者に依頼するメリットとともに、優良な遺品整理業者の選び方や料金の決まり方について解説いたします。
 

遺品整理を業者に依頼するメリット

それでは早速、遺品整理を業者に依頼するメリットから見ていきましょう。

作業時間を短縮できる

遺品整理を業者に依頼するメリットの一つに、作業時間の短縮があります。故人の遺した品が多ければ、遺品整理するのに膨大な時間を費やします。故人の自宅が遠方にある場合は何度も現地に出向かなければならず、賃貸物件だと家賃も発生し続けることに。遺品整理にあまり時間をかけられない場合は、経験豊富な業者に依頼した方が速やかに作業を終わらせることができます。

肉体的な負担を減らせる

肉体的な負担を軽減できることも、遺品整理を業者に依頼するメリットの一つです。家一軒丸ごと遺品整理するとなると体力が必要ですし、ごみの量が多ければ分別するだけでも大変な作業です。自治体の粗大ごみ回収を利用する場合は、指定場所まで家具や家電を運び出さなければなりません。高齢者や女性一人で重い荷物を運び出すのは、極めて困難でしょう。慣れない作業で腰を痛めてしまう人もいますが、業者に依頼すれば、ごみの分別
から運搬まで対応してもらえます。

遺品の供養をしてもらえる

遺品整理をしていると、処分に困る品物が出てくることもあります。たとえば、仏壇や仏具、神棚、位牌といったものはお寺や神社でお祓いやお焚き上げをしてから処分するのが一般的です。しかし、お焚き上げの時間がとれない場合は業者に遺品供養を依頼するのも一つの方法です。故人が大切にしていたものや写真、人形、ぬいぐるみなども処分しにくいかもしれませんが、遺品供養を行っている業者に依頼すれば安心して手放せます。

遺品の買い取りもしてくれる

遺品の中には値がつく家電や家具が紛れていることもありますが、価値がわからないとそのまま処分してしまうでしょう。遺品整理業者の中には買取を行っているところもあるので、買取可能な品物があった場合は遺品整理にかかる費用の節約にもつながります。
 

優良な遺品整理業者の選び方

遺品整理を業者に依頼することで、お金に代えられないたくさんのメリットを得ることができます。しかし、大切なものを扱うだけに悪質な業者には依頼したくないですよね。では、どのようにして優良な遺品整理業者を見分ければ良いのでしょうか?

わかりやすい料金設定・見積もり

悪質な業者に騙されないためには、訪問見積もりで見積書を提示してもらうことをおすすめします。信頼できる遺品整理業者は見積書に内訳を記載してくれるので、概算しか提示しない業者には注意が必要です。また、悪質な業者は後で高額な追加料金を請求してくることもあります。トラブルを避けるためにも、事前に追加料金の有無を確認しておきましょう。

遺品整理士が在籍している

遺品整理士の資格を持ったスタッフが在籍しているかどうかも、優良な業者を選ぶ上でチェックしたいポイントです。遺品整理業者の中には高額な料金を請求する業者だけでなく、不法投棄を行っている業者も存在します。そこで、一般社団法人遺品整理士認定協会では業界のモラルの低下を是正すべく、遺品整理士養成講座の運営と認定試験を実施しています。遺品整理士の資格を持つスタッフがいるということは一定水準以上の知識を持つ者
が在籍していると考えられるので、安心材料の一つと考えて良いでしょう。

スタッフの対応が丁寧である

電話やメールの対応はもちろん、見積もりに来たスタッフの態度もチェックしたいポイントです。いい加減な対応をしたり、契約を急かしたりする業者は避けた方が無難です。なぜなら、大切な故人の遺品を雑に扱われてしまう可能性があるので、信頼できる業者に任せることをおすすめします。
 

遺品整理の料金の決まり方

遺品整理の料金は
・トラックの大きさ
・部屋数や部屋の広さ
などから決まりますが、特に料金に影響を与える要素が不要品の量です。不要品の量が多ければ人件費も上がるので、費用にも影響が出ます。中には家電や家具1点ごとに料金が決まっている業者もありますが、不要品の数が多くなると費用が高くなるため、注意が必要です。
また、建物の状況によって料金が変わることもあります。たとえば、エレベーターのない団地やアパートは階段で荷物を搬出しなければならず、通常よりも時間がかかることから費用が上がる傾向に。
エアコン・テレビ・冷蔵庫などのリサイクル家電の処分には、リサイクル費用も発生します。ただし、遺品買取を行っている業者に依頼すると、年式の新しい家電なら買い取ってもらえる可能性も。買取可能な品があると遺品整理にかかる料金から値引きしてもらえることもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。
 

遺品整理を業者に依頼するときの注意点

最後に、遺品整理を業者に依頼するときの注意点をご紹介します。遺品整理を始める前に、故人に借金があるかどうか確認してください。故人に借金があった場合、遺品整理を始めてしまうと借金の返済義務が生じてしまいます。相続放棄をすれば借金を引き継がずに済みますが、遺品整理を始めてしまったら最後。相続放棄ができなくなってしまいます。相続放棄をすると財産の相続も放棄することにはなりますが、遺品整理を開始する前に借
金の有無は確認しておく必要があります。
 

まとめ

遺品整理を依頼するなら、豊富な経験を持つ遺品整理専門の業者がおすすめです。東京に事業所を置く「きずな屋」は遺品整理士が在籍する遺品整理・生前整理専門の業者で、遺品買取サービスも行っています。わかりやすい料金プランで、追加料金も一切発生しません。お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。
 
 

ページの先頭へ戻る

ホーム > ☆作業事例 〜スタッフ日記〜☆ > 【プロが教える遺品整理コラム】遺品整理を業者に依頼するメリットと優良な業者の選び方